沖縄の方言名で魚を呼んでみる

沖縄には、赤・緑・黄色・青…と驚くほどカラフルなお魚たちがいます。ちなみに、これ、熱帯魚のことではありません。驚くのは、その方言名!さてあなたは、どれだけの魚の和名を言い当てられるかな?

スーパーでよく見かける沖縄の魚

沖縄の魚

とりあえずは、小手調べです。

沖縄県内のスーパーでは、「鮮魚コーナーに、形そのままでドドーンとカラフルなお魚たちが陳列されている」なんて光景はありません。基本切り身でパック販売です。だからこそ、パックに張られている商品名のみで、その魚の姿を想像するのは、ちょっと難しい…。

まあ、まずは小手調べですから、簡単なところから参りましょ!

シビ

「尻」じゃなく「シビ」です。スーパーの鮮魚コーナーで刺身売り場に並んでいる、あの魚です。え?食べたことがない?

そんなはずありませんよ!だって、「シビ」は「キハダマグロ」のこと!だから、あなたも必ず一度は口にしているはずです。

ちなみに…クロマグロのことは「ウシシビ」、カンバチのことは「ウチムルー」といいます。

スルルグヮー(スルル)

居酒屋に行くと、から揚げなんかでよく出てきますね?頭からガブリと食べられるし、南蛮漬けなんかにしてもいいです。

この魚の正体は、「きびなご」です。

ミジュン

これも、家庭料理によく出てくるあれですよね?ミジュンはお値段も手ごろですから、普通の家庭ではから揚げで食べたり、つみれにしたリしますかね?

あら、わかっちゃいました?

そうです。答えは、「鰯(いわし)」です。

マンビカ(マンビキ)

切り身の王様!沖縄のお母ちゃん愛用の食材!それが、マンビカ!

煮つけに魚フライなど、簡単で幅広く料理に使えて、しかも手ごろな値段のマンビカとは、「シイラ」のことです。

エーグヮー

スーパーで「エー小」と書かれている魚を見かけたら、「エーグヮ-」と読んでください。沖縄では、名前の下に「小」がつくとき、「ショウ」と読まず、「グヮー」と読みます。

「エーグヮ―」は、沖縄の魚料理の定番である「マース煮」でよく使われる魚です。稚魚の時は、「スク」。土産物品店で瓶詰めされている大量の小魚のことをいいます。居酒屋に行くと、奴の上に乗せられている小魚のことをスクといいます。

脱線してしまいましたが、エーグヮーは「アイゴ」のこと。わかりました?

公設市場で見ることが出来るユニークな魚の方言名

那覇市牧志にある牧志公設市場1階では、カラフルなだけでなく、見た目がユニークな魚たちが、かなりおおざっぱに陳列されています。見た目のユニークさもさることながら、豪快過ぎる陳列に、思わず笑ってしまいます。

赤マチ

ウチナンチュでも口にすることが出来るのは、1年に1度というほどの高級魚。それが、赤マチです。背びれに近い方が濃い赤色をしている赤マチですが、目がギョロリとまん丸なところも、かなりユニークです。

さて、この魚の正体ですよね?赤マチは、「はまだい」のことです。

ちなみに、ウチナンチュに「はまだい」といっても通じません。沖縄の三大高級魚といわれていますから、せめてこれくらいは覚えておくと、美味しい沖縄の魚料理にありつけますよ。

赤ミーバイ

アカミーバイも、高級魚の1種です。全身鮮やかな赤色をしているアカミーバイは、市場であっても100gあたり400円前後します。口をあんぐりと開け、体の大きさの割にはつぶらな瞳をしているアカミーバイは、ハタ科の魚で「ユカタハタ」または「アカハナ」のことを言います。

アカジン

アカミーバイに比べると、若干色が薄いように見えますが、こちらも全身赤い色をしているのが特徴です。ちなみに、こちらも赤マチ同様、沖縄の三大高級魚です。

この魚の正体は、「スジアラ」。ハタ類のお魚です。見た目はおちゃめな感じですが、刺身・煮つけ・魚汁の何で食べても美味しい魚です。

イラブチャー

真っ青な色をした口の小さな魚が、イラブチャーです。見た目は強烈で、とてもじゃないけれど食欲がわきそうなイメージがしないのですが、鱗を落とし、三枚におろすと、きれいな白身が現れます。

刺身にしてもマース煮にしてもおいしいイラブチャーは、「ブダイ」のことを言います。

インディアンミーバイ

スーパーではさすがに見かけないけど、市場に行けば目にすることがあるのがインディアンミーバイです。

何しろ全体が真っ黄色で、薄いオレンジの縞模様が前身にびっしり入っているインディアンミーバイ。実は、この魚の正体は、「シマハタ」です。とてもじゃないけど、原形そのままで陳列されていても、美味しいイメージが全く湧きません。

沖縄で釣れる魚の方言名

沖縄は、四方を海に囲まれていますので、釣り好きにはたまらない環境です。そのため、小さい子どもから大人、男女関係なく、釣りを楽しむ人の姿が見られます。そんな沖縄の釣りでよく目にする魚たちも、方言名で言うとこうなります。

ビタロー

磯釣りでも船釣りでも釣れるのが、ビタローです。シャープな顔と、4本の横縞が特徴のビタローは、バター焼きにするとおいしい魚です。ちなみに和名では、「ヨスジフエダイ」といいます。和名は、見た目そのままだった…。

カーエー

沖縄の釣り好きに人気の魚といえば、カーエーがいます。引きが強いのが特徴で、釣りそのものが楽しみという人もいますが、味もいいので、留守番している女性陣からも喜ばれる魚です。

ちなみにカーエーは、「ゴマアイゴ」のことを言います。

ガラサー

ガラサーは、釣り好きでもよほどの上級者じゃなければなかなかお目にかかれない魚です。全身が黒い斑点でおおわれていて、冬にシーズンを迎える魚です。

正解は、「イシガキダイ」。名前が分かると、難易度が高いのも納得できますよね?

コウコウセイ

「高校生」ではありません。方言名「コウコウセイ」です。

全長が約30㎝のコウコウセイは、身体に2本のラインが入っているのが特徴です。海に住んでいるコウコウセイの正体は、「キツネウオ」のことです。

まだまだいろんな名前の魚がいるぞ!

沖縄には、和名をきくとなんとなくイメージがつくものの、方言名で言われると、全くわからないといった魚が、まだまだたくさんあります。

スーパーでも見られる魚、観光スポットで見られる魚、釣りに行けばみられる魚には、それぞれ違いがありますので、気になるスポットに足を運んでみると、あなたの知らないユニークな魚たちに出会うことが出来るはずですよ!