移住者に伝えたい沖縄の歴史の面白さ・魅力

沖縄は自然・食・文化など、見て触れるものすべてに本州との違いがあります。その違いにはいろいろな理由があるのですが、「歴史の違い」も大きな要素で、移住をきっかけに沖縄の歴史を学ぶ人も多いです。そこで移住者だからこそハマってしまう沖縄の歴史を、ジャンル別おすすめタイプと併せてご紹介します。

三線

沖縄音楽が好きな人におすすめ!気軽に楽しめるカルチャー系沖縄歴史の魅力

沖縄の音楽にハマり、移住前からカルチャースクールなどで三線やオキナワンミュージックを楽しんできた人も、沖縄移住者には多いです。

沖縄音楽は大きくわけると「琉球音楽」と「オキナワンミュージック」に分かれます。

琉球音楽が好きな人におすすめの沖縄歴史入門法

琉球音楽は、「三線」と呼ばれる弦楽器をメインに展開される音楽です。

三線には「ドレミファソラシド」という一般的な音階は使わず、たった5つの音で音を紡いでいきます。

実はこの5音で作られる琉球音楽が生まれた理由にも、沖縄の歴史が関係します。

かつて「琉球」の名で呼ばれていた時代、沖縄は神様への儀式が一年中行われてきました。

これは当時の琉球の政治が宗教と密着していたからです。そのため三線とともに歌を神様に捧げる儀式は宮廷で行われており、宮廷音楽から琉球古典音楽、しいては三線を用いた現代音楽につながります。

ですから琉球の音楽にハマって移住をしたのであれば、三線が宮廷音楽として取り入れられるようになった理由から沖縄の歴史を学ぶようにすると、沖縄音楽の背景や移住者が表現しにくい「沖縄の心」の原点を知ることができます。

これは沖縄の歴史・文化を学ぶという上でも重要ですが、なによりも沖縄音楽の魅力の神髄を知るのに適した作業といえるでしょう。

オキナワンミュージックが好きな人におすすめの沖縄歴史入門法

琉球音楽と同じようにはまる人が多いオキナワンミュージックは、「琉球・大和(本州)・アメリカ」という3つの異なる時代を歩んできた沖縄だからこそ生まれた音楽文化です。

移住したての人でも沖縄でよく耳にする言葉の1つに、「ちゃんぷるー」があります。

本来の意味は別にあるのですが、一般的には「かき混ぜる」という意味で使われる沖縄方言です。

沖縄県民にとってソウルミュージックである三線の音色も、沖縄戦によってすべてが消失し、その後アメリカの統治下におかれることになったことでアメリカのロックやポップスなどが流入してきます。

さらに本土復帰によって「沖縄県」になると、本州の音楽が沖縄に入ってきました。

一般的にはそれぞれが独立した状態で発展していくものなのですが、沖縄県民の気質の中に「異なる文化も固有の文化と融合させ新たな形に発展させる」というものがあります。

こうして生まれた音楽は「オキナワンミュージック」として今なお親しまれています。

ここまでの説明でもわかる通り、オキナワンミュージックが誕生した背景には、沖縄が歩んできた歴史が深くかかわっています。

そのためオキナワンミュージックに関連する近代の歴史を学んでいけば、沖縄県民がよく使う「ちゃんぷるー精神」の意味も分かってくるでしょう。

食べることが好きな人におすすめ!職を通して知る沖縄歴史の魅力

ぶくぶく茶

沖縄の食文化にも、さまざまな歴史が関係してきます。沖縄料理も大きくわけると「宮廷料理」と「沖縄家庭料理」に分かれます。

宮廷料理に興味がある人におすすめの沖縄歴史入門

沖縄の宮廷料理は、時代によって内容が違います。アジアを中心とした海外貿易の拠点として栄えていた琉球王朝時代の宮廷料理と、島津氏の侵略を受けた後の宮廷料理では作り方や味にも違いがあります。

栄華を極めていた時代の琉球宮廷料理は、当時最大の貿易国・中国からの使者をもてなすことが重要でした。

なにしろ中国からの使者の接待は国家プロジェクトでしたから、使者が満足できる料理を作るためにわざわざ料理人を中国に派遣し、本場の味を学ばせてきたこともありました。

そのため琉球らしい料理ではあるものの、食材の使い方や医食同源という考え方は中国の食文化の影響を受けています。

これに対して島津氏侵略以降の宮廷料理は、本州の和食の基礎を学ばされた形跡が見られます。このように宮廷料理に関する歴史を学ぶことで、琉球王国が歩んできた歴史を知ることができるというわけです。

沖縄家庭料理に興味がある人におすすめの沖縄歴史入門

沖縄家庭料理を学ぶことでも、沖縄の歴史を学ぶことができます。沖縄家庭料理に欠かせないものとして「沖縄そば」と「島豆腐」がありますが、この2つからでも沖縄の知られざる歴史を学ぶことが可能です。

ヒントは「そば粉を使っていないのになぜ沖縄そばと呼ぶのか」と、「島豆腐はなぜ温かいままで販売されているのか」です。

この2つの疑問の答えにたどりつけば、本土復帰後の沖縄の歴史を身近な沖縄家庭料理から学ぶことができます。

沖縄で暮らす移住者台からこそ身近な疑問から歴史を学ぶのがおすすめ

沖縄の歴史には、音楽や食以外にも世界遺産や沖縄の民間宗教などからも学ぶことができます。

ただし沖縄は本州とはまったく異なる歴史を歩んできた地域なので、さまざまなことに本州とは異なる歴史が関係します。

せっかく沖縄に移住しているのですから、まずは身近な出来事や興味のあることに着目しそのルーツについて調べてみることが、沖縄の歴史を楽しく学ぶポイントでしょう。