沖縄のシーサーは不思議な謎がたくさんある

沖縄の街中を歩いていると必ず目にするのがシーサーです。家の屋根や玄関だけでなく集落の入口などでも見かけるシーサーには、不思議な謎がたくさんあります。

シーサー

いつ誕生したのかがよくわからないシーサー

沖縄の守り神として大切にされているシーサーですが、最古のシーサーはいつごろに作られたものなのかについては謎が多いです。

実在するシーサーとして最も古いものは、八重瀬町ある「富盛の石彫大獅子」と言われています。

富盛の石彫大獅子

このシーサーは1689年に設置されているといわれているのですが、史書に残る最古のシーサーは富盛の石彫大獅子ではありません。

記録上での最古のシーサーは、首里城の北側にあったといわれる円覚寺の橋。この橋は放生橋と呼ばれるもので、この橋の親柱にシーサーの彫刻があったことが記されています。残念ながら円覚寺は第二次世界大戦によって焼失してしまいましたし、柱も一体しか残っていません。

でも別の説によると、シーサーの姿が沖縄の社会に登場したのは琉球王国の王陵の大石棺ではないかとも言われています。大石棺に眠るのは英祖王であり、彼が琉球王国の王として在籍していたのは13世紀のことです。ですからこの話が本当であれば、シーサーが沖縄の守り神として最初に登場したのは13世紀ということになります。

ところが英祖王の墓の調査によると大石棺の材料となった石の材質や技法は、第二尚氏王統の尚真王の時代のものではないかという説もあります。もしこの説が正しければ尚真王が在籍していたのは15世紀のことですから、13世紀発祥説の根拠がなくなってしまうことになります。こうしてみてみると、誕生にまつわることから謎が多いシーサーですよね?

シーサーの名前の由来は「シーシー」

シーサーは中国の聖獣である獅子に由来があるといわれています。シーサーという呼び方は沖縄独特のものですが、名前の由来はやはり「獅子」。どうやら沖縄にシーサーがやってきたときの呼び方が「シーシー」だったということで、これが訛ってシーサーになったとか。シーサーという呼び方も非常にユニークですが、由来となった「シーシー」という呼び方もシーサーとは違ったかわいらしさを感じます。

口の開きで雌雄が分かれているわけでは…ない?

神社やお寺の入口などに飾られる聖獣の像は1対で飾られていることがほとんどですが、よく見てみるとペアの聖獣は口を開けているものと口を閉じているものに分かれています。この形を阿吽像と言われているのですが、一般的にこの口の開け方によって雄と雌に分かれるとも言われています。

沖縄のシーサーを見ても、1基で存在するものよりも1対で存在するものが多いです。そしてその口も阿吽の形をしています。そのため一般的には「口を開けているのが雄」「口を閉じているのが雌」と言われています。シーサーが阿吽の形をするのは「口を開けているシーサーのおかげであらゆる福が招き入れられ、口を固く閉じることによって災厄を避ける」というのですが、これに異論を唱える説も沖縄には存在します。

さらに沖縄には1基で存在するシーサーもいます。そのシーサーが口を開けていれば招福の守り神となりますが、災い除けという意味にはなりません。逆に口を閉じていれば家の守り神としてはピッタリですが、福を呼んでくれる存在ではないということになります。

いずれにしてもシーサーの雌雄に関してはいろいろな説があり、口の開閉によるシーサーの意味も様々です。シーサーは間違いなく沖縄の守り神なのですが、こういうところも謎が多いのです。

対のシーサーには置き方の決まりがある

謎が多いシーサーですが、確実に分かっていることもあります。それが「対のシーサーの置き方」です。

対となっているシーサーは、片方が口を開け、片方は目と口を閉じています。最近はお土産用としてユニークなシーサーもたくさんあるのですが、守り神として飾るのであればそれぞれのシーサーを正しい位置に置かなければいけません。

雄と雌の違いには諸説あるのですが、置き方の基本は「向かって右が口を開けているシーサー」「向かって左が口を閉じているシーサー」です。並べて飾るときにもこのルールでシーサーを置けばあなたに必要な福は家の中に、あなたに不幸を招く災いは家の外になります。このパワーはシーサーの大きさには関係ありませんから、あなたの心強い味方になってくれるはずです。

謎は多いがやっぱり頼りになるシーサー

いろいろと謎が多いシーサーですが、今でも家を新築する時には守り神としてシーサーを置きますし、いろいろなところでシーサーの姿を見かけます。しかも生活の中に馴染んでいるので、沖縄に住む人にとっては特別な神様というよりも身近な守り神様。そんなシーサーはお土産としても人気がありますので、あなたも家に飾ってみてはいかがですか?