沖縄移住でガーデニングに挑戦!おすすめ植物と注意するポイント

沖縄移住生活にも少しゆとりが出てきたなら、今度はベランダを使ってガーデニングに挑戦してみましょう!ガーデニング初心者におすすめの植物と沖縄だからこそ始める前に注意したいポイントをまとめました。


ガーデニング

沖縄は一年中日差しが強いわけではない

沖縄のイメージというと「南国」「毎日が夏日」「超日差しが強い」といったところでしょうか?確かにこれも沖縄のイメージの代表的なものです。でも沖縄移住生活を始めてみると、これまでのイメージと実際の生活の中にギャップがあることを感じたりはしませんか?

まず「毎日が夏日」というのは、正しいように思えますが正解ではありません。確かに一年の3分の2が気温20℃以上の沖縄ですので、本土から移住したあなたから見れば「毎日が夏日」と感じるかもしれません。

でも夏のような日ほど、方言で「かたぶい」と呼ばれるスコールが度々起こります。しかも熱帯地方に属する沖縄のスコールは、雨の降り方が激しすぎます。何の前触れもなく突然ものすごい雨雲がやってきたかと思うと、前が見えなくなるほど激しい雨がたたきつけるように降ってきます。ところがそんなスコールも1時間もしないうちにサッとやんでしまい、また元のような晴天が戻ってきます。

さらに問題は「台風」です。毎年夏から秋にかけて数個の台風が接近してくる沖縄では、とにかく台風対策を万全にすることがガーデニングを安全に楽しむための重要なポイントです。

しかも問題は台風だけではありません。沖縄は周りを海に囲まれているため、日頃でも台風を思わせるほどの強風がよく起こります。ですから普段から強風対策もしっかりしておかないと、せっかく作った癒しのガーデニングスペースもすぐに壊れてしまいます。

このように沖縄移住生活でガーデニングを楽しむためには、沖縄の季節や特殊な気候をよく理解してガーデニングを始めることが大事なポイントなのです。

沖縄ではほとんどの人が二十日ネギを栽培している

沖縄の家庭料理には、小口ネギが欠かせません。あの沖縄そばも「ネギがなければ沖縄そばじゃない!」という人も多いですし、同じく沖縄の家庭料理のジューシー(沖縄風炊き込みご飯)にも仕上げにネギを入れるのが定番です。

そのため沖縄の一般家庭ではほとんどの人がネギを自家栽培しています。ものすごく簡単なのは「スーパーで買った小口ネギの根の部分(約15センチほど残しておく)をコップなどに入れて水溶栽培する」という方法です。1人暮らしや普段から少量しか使わないのであればこの程度で十分に足ります。ただしファミリーとなるとやはりある程度の量を確保したいですよね?

そこでベランダガーデニングで人気なのが「二十日ネギ」です。種から植え付けても二十日前後で収穫の時期を迎えます。しかも根の部分を残して置けば、1つの根から2~3回は収穫できます。

虫よけ効果抜群!沖縄ガーデニングではハーブもおすすめ

ガーデニングを始めると、どうしても虫との付き合いが出てきます。虫といっても植物に害を与えない良い虫もいますが、基本的にはその逆のタイプの虫の方が多いです。そこで他の花とセットで育てておきたいのが、虫よけ効果の高いハーブです。

ガーデニングでハーブというと食用系のハーブの方が人気はありますが、観賞用のハーブとなると逆に虫を寄せ付けてしまいます。その代りミントのように独特の香りを持っているハーブは「虫よけ効果」があります。自然の植物を使って虫よけ効果が出来るのですから、沖縄でのスローライフを楽しみたいあなたにピッタリなはずですよ!

プランターを簡単に移動出来るようにキャスター付きの台車を準備

沖縄でガーデニングを楽しんでいる人の多くが、「台風が近づくと対策が大変」といいます。それもそのはずです。大きいサイズのプランターであっても、台風の強風を受けると簡単に倒れてしまいます。かといって台風対策の為に初めから設置場所を限定してしまうと、せっかくの癒しのスペースが台無しになってしまいます。

さらに一年中スコールが襲ってくる沖縄では、マンションやアパートのベランダにも簡単に大きな水たまりが出来てしまいます。この水たまりの処理をきちんとしておかないと、すぐに蚊が卵を産みボウフラが発生!蚊の卵は孵化すると驚異のスピードで成体になるので、こまめに掃除をすることも沖縄ガーデニングライフを楽しむポイントです。でもそのたびに重たいプランターを一人で抱えて移動するのはさすがに無理ですよね?

そこでおすすめしたいのが、プランター専用のキャスター付き台車です。プランター用の台車にはいろいろなサイズとタイプがあります。正方形タイプであれば寄せ植え用の鉢におすすめですし、長方形タイプであれば一般的なプランターにピッタリです。

もちろんキャスターなしであれば百円均一ショップでも手に入りますので、キャスターを後から自分で取り付けるという方法もあります。いずれにしてもこの方法であればガーデニングの配置を変えたい時にもおすすめですし、沖縄に年数回やってくる台風対策のときにも非常に便利ですよ!