末吉公園で探検気分

4月になって良い季節になりました。沖縄は暑いくらいですけど。天気のいい日は公園めぐりです。今日は末吉公園に行ってきました。

末吉公園基本情報

モノレール「市立病院前」駅から5分ほど。住所は那覇市首里末吉町1-3-1です。開園時間は午前9時から午後9時まで。駐車場は39台程度。

末吉公園

那覇の街中にあるとは思えないくらい、たくさんの木があります。公園と言うより、森とか山って言った方が良いと思います。

並木道

なんとなく、歩いていくと「頭上注意」の看板が。

頭上注意

見上げてみるとヤシの実がたわわに実っていました。ここまでくると、もはやジャングルですね。

ヤシの木

沖縄には珍しく竹がたくさんはえていたり。

散歩コース

末吉公園で探検気分

コスモスが咲いていたり。沖縄ってコスモスが2月くらいから咲くんです。「秋桜」じゃなかったの~?

コスモス

橋があったりして、ウォーキングにいいですね。ジーパンとスニーカーなど、歩きやすい服装がお勧めです。

橋

なんだか、芝生の広場があったり。遠足にも良さそう。めちゃくちゃ広いです。調べたら、8ヘクタールあるそうです。那覇市最大。

アップダウンも激しいので、飲み物は必須です。本当に自然豊かな公園で、私は道に迷いました…。

鳥獣保護区に指定されています

ホタルが鑑賞できることで有名な末吉公園です。鳥獣保護区に指定されているので、他にもたくさんの生き物が見られるそうです。きれいな声で鳴く鳥がいましたが、名前がわかりませんでした・・・。名前がわかったら、もっと楽しめると思いました。

蝶々もたくさん見たので、虫取りにも良さそうですね。クワガタもいるらしいですが、クワガタが好む木を探すのは難しく、ハブに遭遇する危険もあるので、詳しい人といっしょに行った方が良いでしょう。

まつぼっくりはたくさんあるけれど

沖縄にはリュウキュウマツがたくさん生えているので、まつぼっくりは簡単に手に入ります。沖縄と松って意外な感じもしますが、ほとんどの公園に生えています。

松ぼっくり

クリスマスシーズンにはたくさんひろって、ツリーやリースをつくっても楽しいです。

松ぼっくり

でも、”どんぐり”はないんです!どんぐりはカシ・ナラ・カシワなどの木の実の総称です。これらの木は沖縄の南部には生えておらず、どんぐりってとても貴重なんです。石川市や名護市などにある、有名などんぐり拾いスポットは、どんぐり拾いの競争率が高いんだそうです。

幼稚園や学校で「どんぐりころころ」の歌を習っても、どんぐりを見たことがない子供が多いので、先生はどこかから取り寄せてくるらしいです…。

森の家みんみんは環境教育施設です

末吉公園の中にある、森の家みんみんは環境教育施設です。子供中心にネイチャーゲームや季節の観察会、親子で参加できる森の遠足などのプログラムが毎月予定されています。

特筆すべきは「ホタル観賞会」です。末吉公園は毎年梅雨の時期になるとホタルが見られます。主に見られるホタルはオキナワスジボタル、クロイワホタルの2種類です。本土でよく見られるゲンジボタルは生息していません。

ホタルは光に弱いので、公園内は外灯も少ないです。ひとりでホタルを鑑賞するには、真っ暗ですし、ハブの危険もあります。予測不可能なことが起きてしまったら…。

そこで、森の家みんみんが主催する「ホタル観賞会」に参加するのが一番です。

ホタル観賞の注意点は

  • 殺虫剤や虫よけを使わないことです。(ホタルも虫ですからね。)
  • 懐中電灯には赤いフィルムを貼ります。
  • 夜の7時30分頃から8時30分頃の鑑賞時間を守ることで、駐車場の施錠時間にも間に合います。

ちょっと注意するだけで、安全にホタルを鑑賞できます。末吉公園は都会にあるのに自然を満喫できる公園です。那覇の森で探検気分を味わいませんか?