最強レベルの台風の被害は想像を超える!風の強さとその被害とは?

最強レベルの台風がやってくるといわれた時、「どれくらいの被害?」と思うのでは…。台風対策をする上で知っておきたい台風の風の強さと過去の被害例をまとめてみました。


台風

台風の大きさと強さの判断は「風」次第

台風の大きさを表す言葉として「大型の台風」とか「超大型の台風」などがあります。ほかにも「猛烈な」とか「最強レベル」などがあります。ただこれらの表現の違いはなんとなく分かりにくいもの。もちろんその表現の違いには決まりがあります。

たとえば「大型」と「超大型」の違い。

この2つの違いを分けるのは「強風域」があります。台風の強風域の目安は「風速15m/s以上である」ということです。風速が表すものは「1秒間に1m当たりの風の速さ」です。つまりどれだけの風が1秒間に吹いているのかということを表すので、台風の大きさを表す表示としてよく使われます。

ちなみに「大型台風」と「超大型台風」の違いは強風域の半径によって変わります。半径500~800㎞未満の台風は「大型台風」といい、半径800㎞以上の台風は「超大型台風」となります。

台風の「強い」「非常に強い」「猛烈な」の違い

台風の大きさを表す言葉には「強い」「非常に強い」「猛烈な」という言葉もありますよね。言葉の印象から見ても台風の強さは「強い<非常強い<猛烈な」となりますが、これらの表現の使い分けには「台風の中心付近の最大風速」が基準となります。

台風の中心付近の最大風速を表す単位も「m/s」ですが、33m/s以上44 m/s未満だと「強い台風」となり44 m/s以上54 m/s未満だと「非常に強い台風」といいます。さらに最大風速が54 m/s以上になると「猛烈な台風」となります。

つまり「大型で非常に強い台風」という表現があった場合は、「強風域の範囲が500~800㎞未満」で「中心付近の最大風速が44 m/s以上54 m/s未満」の台風という意味があるわけです。

「非常に強い台風」で起こりうる被害とは?

「非常に強い台風」に襲われた場合、考えられる被害にはこんなものがあります。

子供が吹き飛ばされる
風速20 m/sになると、子供の体が吹き飛ばされることがあります。大人であってもこのレベルの風が吹くとまっすぐに立っていることが出来なくなります。
煙突が折れて倒れる
風速25m/sになると、コンクリート製の煙突が折れて倒れてしまうことがあります。もちろんこのレベルになると樹齢○○年と呼ばれる立派な樹木が折れてしまうこともありますし、屋根瓦も吹き飛んでしまいます。
プレハブ住宅が飛んでいく
風速30m/sになると、プレハブ住宅が飛んでしまうことがあります。古い木造住宅なども風の影響で倒れてしまうことがあります。ちなみにこのレベルの風は電柱を倒すほどの威力があります。台風対策として占めていた雨戸も吹き飛んでしまうことがあります。
車が横転する
風速35m/sになると、1トン前後ある軽自動車や普通自動車が風にあおられて横転します。場合によっては2トン前後あるSUV車も横に倒れてしまうことがあります。なにしろこのレベルの風にあおられると電車の客車が倒れることもあるのですから…。
立派な樹木が根こそぎ飛んでいく
風速50m/sになると、立派な樹木が根こそぎ吹き飛んでいきます。もちろんこのレベルになると建物の被害も甚大になります。わかりやすい目安としては「木造家屋はほとんど倒れる」です。恐ろしいですね。

「非常に強い台風が接近する」といわれたらすぐにやっておくこと

非常に強い台風が接近すると、家屋の浸水や停電など様々な被害が出てきます。そこで台風の被害を頻繁に受ける沖縄で一般的に良く行う台風対策を紹介します。

ガソリンを満タンにする
ガソリンを満タンにしておくと、重量が増えるので風にあおられて吹き飛ぶことを防ぐことが出来ます。さらに停電となったときのための予備電源としても使えるようにします。何しろ停電になってから復旧するまで1日以上かかる場合もあります。緊急連絡時や天気情報の確認などに役立つ携帯電話は命綱のようなものなのです。
とりあえず携帯電話を充電する
台風の影響がひどくなりそうだと感じたら、即、充電します。何しろ停電が起こるほどの強風では、外出することはおろか玄関のドアを開けるのも危険です。特に台風は夏から秋にかけて集中するので、まだまだエアコンや扇風機は手放せない時期に家の中で缶詰め状態になってしまうのです。そのため携帯電話は、情報を得るためだけでなく停電が解消されるまでの暇つぶしとしても重要。もちろん万が一のためにモバイルバッテリーの充電も一斉に始めるので、家の中のコンセントがすべて携帯電話などの充電で占領されます。
台風前に野菜を買い込む
停電が起こりやすい地域ではあまりみられませんが、比較的停電になりにくい都心部では台風前に野菜を買い込む主婦の姿が多く見られます。何しろ台風が過ぎてからしばらくはスーパーの野菜売り場から野菜が根こそぎ姿を消します。さすがに毎日の食事で野菜が全くないというのは健康上よくないですから、少しでも野菜が手に入るうちに買い込んでおくのが沖縄の主婦の知恵なのです。
窓・ドアには新聞やタオルを詰めて浸水防止を!
強い風と共に雨も吹き込んでくるので、窓やドアなどの隙間には雨の吹込み防止のために新聞紙やタオルなどを詰めておきます。ここまでやっていても雨は隙間から吹き込んできます。後片付けのしやすさからいえば新聞紙がベターなのですが、長時間に及ぶ台風対策としては厚手のタオルの方がおすすめです。

台風対策は早めが一番

台風の風の強さは、言葉で表現されてもピンときません。しかもどれくらいの期間強風域に入っているかも予測できません。だからこそ早めに対策をしておくことが大切。対策が終わったらしっかりと戸締りをし、安全な場所で台風が過ぎ去るのを静かに待ちましょう。

間違っても興味本位で車を運転したり海岸や海に近づいてはいけません。慌てて行動をすればその分リスクが高まるので、避難をする時も安全が確認できる間に移動するようにしましょうね。