沖縄本島で朝ご飯が美味しいと評判のお店

旅行の楽しみの一つ「食」に妥協したくないと思いつつも、どうしても朝食だけは、店のオープン時間などもあってなかなか選べないもの。そうはいっても朝食にこだわりたい時にオススメなお店をご紹介。

朝食

阿里(あーりー)

浮き島通りに入ってすぐのところにある、台湾粥専門店『阿里』。店の外観も店内も、決してキレイとは言えないお店なのですが、朝8時30分から出来立ての台湾粥を食べることが出来ます。旨くて安くて体にやさしい朝食を食べたい人にはぜひおすすめしたいのですが、はっきり言って店はキレイではない…。オシャレして優雅に朝食を取りたいという人には、残念ながらおすすめできません。

味と値段は文句なし!

店の見た目には多少難ありですが、味と値段に関しては文句なしです。お粥のサイズは大・小あり、100~300円という超リーズナブルなお値段なので、4人家族で1000円以内も実現可能!他にも、ワンタンスープやチャーハン、台湾おにぎりなどもあります。

お店は浮き島通り沿いにありますが、ゆっくりと探しながら歩いて行かないと、うっかり店を通り過ぎてしまうほど小さなお店。見た目のインパクトが強いので、初めて行くときにはかなり勇気がいるはずですが、美味しいので是非、足を運んでみて下さい。

  • 電話:090-8624-5138
  • 営業時間:8:30~17:00
  • 定休日:日曜日

やんばる食堂

「とにかく安くお腹いっぱい食べたい」という時に足を運んでしまう地元で人気の沖縄食堂といえば、那覇市永田にある『やんばる食堂』。少し前までは、年中24時間営業だったやんばる食堂も、最近では、水曜日のみ朝9時からの営業に変更。それでも、ほぼ年中24時間オープンしているため、どの時間帯に行っても店内は混んでいます。

ちなみにこのお店のお客は、ほぼ地元客。ボリューム満点、しかも安いため、お腹を空かせた学生や男性客が多いのですが、その割には、結構な割合で女性客の姿も見られます。その理由の一つが、メニューの多さ。定番のメニューはもちろん、魚の煮つけや定食なども含め全メニューは80種類以上!誰といっても、メニューでけんかをすることはありません。

24時間注文できるランチがおすすめ

やんばる食堂でおすすめなのは、なんといってもランチメニュー。ランチといっても、昼のランチタイムのみということではなく、いつでも頼むことが出来る定番メニューとなっています。

ランチは、「Aランチ」「Bランチ」「Cランチ」がありますが、女性の場合、Aランチを頼むのは超危険!プレートの上にこれでもかというほど盛りつけられたおかずと別皿でやってくるてんこ盛りのご飯。これは、見ただけでギブアップします。ランチの中で最も安いCランチですらかなり苦戦しますので、朝食として挑戦するなら、まずはCランチあたりからどうぞ!

  • 住所:沖縄県那覇市長田2-5-24
  • 電話:098-854-3781
  • 営業時間:基本的に24時間営業、水曜日のみ9:00~24:00
  • 定休日:盆、正月

味噌めしや まるたま

『味噌めしや まるたまは』、首里にある老舗味噌屋「玉那覇味噌」の店。創業160余年という玉那覇味噌は、昔から変わらぬ製法で、添加物不使用の天然醸造味噌を作り続ける老舗の味噌屋です。自然な状態でゆっくりと熟成させて完成する味噌は、旨味がぎゅっとつまっているのに、どこかやさしい味わいがします。

そんな玉那覇味噌のお味噌を使った味噌汁の朝食セットは、朝7:30~10時まで食べられます。具沢山の味噌汁にご飯のシンプルな「朝味噌汁定食」のほかにも、自家製味噌ソースをかけた「焼きサーモン味噌ソース定食」や卵ごはんとみそ汁の「まるたまごかけごはん」もおすすめです。また、和食は苦手という人には、味噌バターがアクセントの「味噌バターマンゴーパンケーキ」や「味噌バターベーコンパンケーキ」もあります。

でも、せっかく老舗の味噌屋の店なのですから、「朝はパン派」という人も、ここは正統派の和食に挑戦してみて!まるたまの味噌汁は、一般的な沖縄の家庭料理である「みそ汁」とは違い、素材の味を生かした具だくさんの味噌スープという感じなので、和食が苦手な人でもきっと美味しく食べられますよ!

  • 住所:沖縄県那覇市泉崎2-4-3 1F
  • 電話:098-831-7656
  • 営業時間:朝メニュー 7:30~9:59、昼メニュー 11:00~14:00、夜メニュー 17:00~22:00
  • 定休日:日曜日(終日)、木曜日(14時まで営業)

シーサイドドライブイン

沖縄観光の目玉といえば、本島北部にある美ら海水族館。那覇に宿泊するとなれば、のんびりホテルの朝食を食べている暇がない!そんな時におすすめしたいのが、那覇と名護の中間地点にある恩納村の『シーサイドドライブイン』です。

1965年にオープンのオールドアメリカンな雰囲気が漂うシーサイドドライブインは、店内のレストランで食べることもできますが、テイクアウトもあります。のんびりと店内で食事を楽しむのが好きというお客さんも多いのですが、名物のスープ目当てでドライブの途中に立ち寄る地元客も多いのが、このドライブインの面白いところです。

テレビや雑誌などのメディアにも何度も取り上げられているため、観光客の姿も多いのですが、それと同じ数だけ、馴染みの地元客の姿があるのも、このお店がすでにこのあたりの風景になじんでいるということなのでしょう。

絶対に外せないシーサイドドライブインのスープ

イートインでもテイクアウトでも、シーサイドドライブインに来たなら絶対に外せないメニューが、スープ。24時間営業のシーサイドドライブインでは、いつでもアツアツのスープが出てきます。凝った味ではないのだけれど、どこか懐かしい味がするスープは、これだけでも十分に満足できます。小腹が空いている時や体が冷えた時には、ぜひどうぞ!

  • 住所:沖縄県恩納村仲泊885
  • 営業時間:24時間営業