世界中の空手家が集まる沖縄の空手と注目の選手

2020年東京オリンピックで正式種目となった沖縄発祥の空手。国内外にいる多くの空手愛好者にとって、発祥の地・沖縄は聖地であり憧れの場所。そんな沖縄には、「沖縄空手」と呼ばれる空手が存在します。

かつて空手の技は門外不出の秘術だった

空手

琉球王国時代に生まれた空手。その起源には諸説あるのですが、一般的に言われているのは、琉球国固有の「ティー(手)」と呼ばれる拳法が基になっているといわれています。当時の琉球王国は、独自のルートを使い中国や日本と貿易を行っていました。この貿易によって、中国本土の武術や日本武術なども琉球に流れ込んできました。こうした文化の流入によって、琉球固有の「ティー」は、中国や日本の武術に深く影響を受けながらも、独自の武術として発展していったといわれています。

今では世界で約6000万人が、道場に通い日々鍛錬を積んでいるといわれている空手。ところが、琉球王国時代の空手は、一般人がそう簡単に学ぶことが出来ない秘密の武術でした。

琉球王国時代は人里離れた墓地で教えられていた?

琉球王国時代の空手は、秘密の武術でした。今のように決まった道場などはなく、一般の人々の目に触れないような場所で稽古が行われていました。そのため、日の落ちた夜に行われたり、場合によっては、人里離れた墓地の中で稽古を行うこともありました。

技は師匠から弟子へ口伝・実技で伝えられた

武術であれば、一般的に流派の奥義や秘伝を書き記した伝書が存在します。ところが空手の場合、これがありませんでした。そのため、当時の空手は、師匠が弟子に直接口伝と実技で技を伝えていました。当時の空手の稽古は、形が中心だったそうなのですが、「一つの形を修得するためには、3年かかる」とも言われていたそうです。

奥が深い沖縄空手

「空手」と表現する場合、一般的には「本土空手」のことを指していることが多いです。競技化・スポーツ化を重視し発展してきた本土空手は、「競技空手」「スポーツ空手」と呼ばれることもあります。

これに対し、沖縄で古くから伝わる空手は「沖縄空手」と呼ばれることが多いです。沖縄空手は、本土空手がたどったスポーツ化とは距離を置く考え方があり、伝統的な形の稽古や鍛錬法を重視するのが特徴にあります。ただしこれも、かつて琉球王国時代で行われていた空手をそのまま継承するというわけでもないようです。そのため、基本的にはどの流派も本土の影響などを受けながら発展しているようです。とはいえ、沖縄空手の流派は非常に多く、流派の中にはかたくなに琉球王国時代の特徴を継承し続けているものもあります。

沖縄空手は流派だけでも複雑

沖縄空手には、様々な流派があります。その中でも、「剛柔流」「上地流」「小林流」の3つを、沖縄三大流派といいます。この沖縄三大流派以外にも、糸東流、劉衛流、沖縄剛柔流、松林流、沖縄拳法、本部御殿手等様々な流派が存在します。それぞれの流派によって、流派の歴史や技、稽古内容など異なる特徴がみられます。そのため、沖縄空手と一言で言っても、単純には説明できないのが沖縄空手といえるでしょう。

東京オリンピックで金メダルが期待される県出身の空手選手

2020年に行われる東京オリンピックでは、沖縄発祥の空手がようやく正式種目となりました。それだけに、沖縄出身の選手たちの活躍が大いに期待されます。

沖縄県勢として注目したいのは、2016年の世界選手権男子団体形で金メダルと獲得した沖縄トリオ。彼らは、平成29年土全日本強化選手男子団体形にも選ばれているだけに、オリンピックでの金メダルに向けて大いに期待がかかります。

喜友名諒

喜友名選手は、1990年生まれで劉衛流龍鳳会に所属する選手です。空手を始めたのは5歳の頃。中学3年生からは、沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会会長で教士8段の佐久本嗣男氏に師事しています。

学生時代から非常に注目されている選手で、沖縄国際大学在学中には全日本学生大会で2連覇を果たし、2013~2015年にかけては国体で3連覇、2012年からは全日本選手権で5連覇を達成しています。世界選手権では、2014年と2016年で連覇を果たしています。

金城新

沖縄トリオの2人目が、金城選手です。喜友名選手同様、沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会に所属しています。2014年4月に劉衛流・金城龍鳳館をオープンさせ、選手として技を磨く傍ら、後輩の育成にも力を入れています。

上村拓也

上村選手も、沖縄劉衛流空手・古武道龍鳳会に所属しています。トリオで挑む団体形で、中央をつとめているのが上村選手です。喜友名選手と同じ高校に通っていた上村選手は、興南高校在学中に行われた2010年沖縄美ら島総体で、見事な形を披露し優勝。その後も県内で行われるプレミアリーグ沖縄などに出場し、華々しい結果を残しています。

抜群の身体能力を生かした動きが魅力的な選手なのですが、実は非常に研究熱心なことでも有名。オリンピックでの活躍が期待されます。