台風21号の沖縄の被害状況

超大型で非常に強い台風21号が日本列島を縦断しました。人的被害もあったようです。ご冥福をお祈りします。みなさんがお住まいのところは被害・影響がありませんでしたか?沖縄での被害・影響をまとめました。

大東島には避難勧告が

台風

台風21号の接近により、20日は沖縄本島と離島を結ぶ船が全便欠航となりました。空の便も欠航が相次ぎました。沖縄本島は暴風域に入りませんでしたが、大東島は暴風域に入ったため避難勧告が出され、37世帯、54人が避難しました。風で倒れてしまったサトウキビも多く、収穫への影響が心配されます。

衆議院議員選挙への影響が大きかった

沖縄だけでなく、全国的にも衆議院議員選挙への影響が大きかったです。

選挙ポスターの掲示板は強風で飛ばされることを防ぐため、早めに撤去されました。期日前投票の呼びかけも多かったです。期日前投票ではなく、投票日そのものが繰り上げになったところもありました。繰り上げとなったのは1区で座間味村の座間味島、阿嘉島、慶留間島、南大東村、北大東村の5カ所、4区は南城市の久高島の1カ所でした。

離島では投票後に投票箱を船や自衛隊のヘリコプターで開票所に運んでいますが、台風の影響で投票箱を運べずに開票作業が23日に繰り延べとなったところもあります。投票箱が運べなかったのは、台風21号の接近に備えて21日に1日繰り上げて投票が行われた南城市の久高島と座間味村の阿嘉島、慶留間島、それに22日に投票が行われたうるま市の津堅島です。役所は台風対策をしながら投票箱の管理なども行う必要があったわけです。投票が締め切られた後に各地の当選確実の報道はされていますが、全ての開票結果の確定は23日の午後にずれ込むことになりました。

イベントが中止や延期に

台風の接近が週末に重なったため、沖縄県内で予定されていた様々なイベントが中止になったり、延期になったりしました。参加者への影響を考慮して早々に中止や延期の発表になったところが多く、混乱を最小限にすることができたと思います。以下は中止となった主なイベントです。

中止となった主なイベント

  • 久米島マラソン
  • トライアスロン いぜな大会
  • うるま祭り
  • 座喜味城通り ふれあいまつり
  • ちょうちょ祭り など。

延期となった主なイベント

  • 読谷やちむんと工芸市
  • 沖縄市サイエンスフェスタ
  • カフェ&スイーツフェア

沖縄は台風対策に慣れている?

「台風銀座」とも言われる沖縄県は、構造的な台風対策が取られています。建物は一般的な住宅やアパートもコンクリート製が多いこと、窓ガラスは厚いものや針金入りが使用され、ドアも沖縄用です。シャッターを閉めることのないコンビニの入り口は自動ドアではなく、重いガラス扉が設置され、風で開かないようにしているところが多くあります。

暴風警報が発表されるとモノレールやバスの運行はストップし、学校は休みになり、会社も休みになるところもあります。

ものが飛ばないように台風対策をするよう呼びかけもされ、お店の看板やゴミ箱も固定されます。各家庭も排水溝を掃除し、植木鉢などをしまったりします。さらに、スーパーが臨時休業してしまったり、品薄になるので買い置きをして台風の接近に備えます。

台風対策をしていても、報道されない被害や影響もあります。今回は木の枝が折れているのを見ましたが、台風によっては大木が根元から倒れることもあります。

台風が接近している間は外出を控え、通過後は安全を確認してから行動してください。農作物への被害は今後わかると思いますが、一方で台風が来ないと水不足になったり、海水温が下がらずに猛暑が続いたりします。被害がなるべく少ないことを祈ります。