10月17日は沖縄そばの日です

沖縄県民のソウルフード、「沖縄そば」。1日に15万食も消費されています。沖縄県民の食生活になくてはならない食べ物です。

なぜ10月17日が沖縄そばの日?

沖縄そば

沖縄で「そば」と言ったら、まず「沖縄そば」を指します。しかし本土復帰後の1976年、公正取引委員会から「沖縄そば」という名称使用に対してクレームがありました。それは「そば」の名称の定義は「そば粉を30%以上使用していること」とあり、そば粉を全く使わずに小麦粉だけで作る「沖縄そば」は「そば」とは呼べないというものでした。

沖縄生麺協同組合は昔から県民に愛され親しまれてきた「沖縄そば」の名称を存続しようと働きかけ、何ヶ月にもわたる交渉の末、1978年10月17日に公正取引委員会から正式に「本場沖縄そば」の名称使用が認可されました。

これを記念し、1997年沖縄生麺協同組合は10月17日を「沖縄そばの日」としました。毎年、沖縄そばの日はスーパーで特売が行われたり、沖縄そばのお店ではサービスがあったりします。学校の給食も沖縄そばが出ます。

沖縄そばの種類

もっともポピュラーな沖縄そばは、豚骨と鰹節でつくった出汁に、きしめんに似た麺、トッピングは三枚肉とかまぼこ、ねぎ、紅ショウガです。地域によって麺の太さや形状も異なりますし、味付けやトッピングも異なります。また、お店によって出汁の作り方を工夫したり、アレンジメニューもありますので、是非食べ比べてみて下さい。

地域の違い

宮古そば
宮古そばは本当のそばに比べて麺が細く、縮れが少ないのが特徴です。具は麺の下に隠されていましたが、最近は上にのせてあるお店も増えました。
八重山・石垣そば
細くて丸くて縮れのない麺が特徴です。細切りにした豚肉とかまぼこをトッピングします。
大東そば
太く縮れた麺は、コシが強く食べ応えがあります。

 

トッピングの違い

三枚肉
豚バラ肉を甘辛く煮たもので、沖縄そばのトッピングです。
ソーキ
豚のあばら肉を甘辛く煮たものです。骨付きソーキと軟骨ソーキがあります。
てびち
豚足を煮込んだもので、おでんでよく食べられますがそばのトッピングにすることもあります。
中身
豚の胃や腸をざく切りにしたもの。中身汁として汁物で食べられることが多いですが、そばのトッピングにすることもあります。
フーチバー
ヨモギのことで、そのままトッピングして食べたり、麺に練りこんでいるお店もあります。
豆腐
固まる前の豆腐をトッピング。食感の違いが楽しめます。
野菜
ニンジンやキャベツなどの野菜炒めをたっぷりのせたものです。野菜の種類はお店によって異なります。
卵焼き
以前は定番のトッピングだったそうで、薄焼き卵の細切りがのっています。

どこで沖縄そばを食べますか?

沖縄そばのお店はコンビニより多いかも?と思うくらいたくさんあります。沖縄そば専門店もありますし、テーマパークやお祭り、食堂やおしゃれなカフェなどどこで食べてもハズレがないのが沖縄そばの凄いところでもありますが、お店によって味が異なりますので食べ歩きも楽しめます。いろいろ食べ比べて、あなたも「そばじょーぐー」を目指しましょう。