沖縄でも卓球でオリンピックを目指せる卓球教室

2020年の東京オリンピックで、活躍が期待される卓球。でもオリンピックを目指すなら、小さいうちから始めるのが王道!そこで、沖縄でオリンピックを目指すために通ってみたい卓球クラブをピックアップしてみました!

卓球は1000万人のスポーツだ!

卓球

近年、卓球の日本人選手が世界で活躍するニュースが続いています。ひと昔前は卓球といえば「地味なスポーツ」と思われていましたが、今では、日本国内での卓球人口はなんと1000万人!

年齢を問わず、誰でも気軽に始められる健康スポーツとしても注目される、国民的スポーツが卓球だったのです。

沖縄県内の卓球強豪高校って知ってる?

県内でも、卓球の強豪高校として有名な学校があります。まずは、県内の強豪高校の卓球部に入部することから、卓球を始めるというのもいいかもしれません。

男子の卓球強豪校

  • 県立普天間高校
  • 県立知念高校
  • 県立前原高校
  • 県立浦添高校
  • 県立宜野湾高校
  • 県立コザ高校

女子の卓球強豪校

  • 県立普天間高校
  • 県立前原高校
  • 県立コザ高校
  • 県立南風原高校

沖縄の卓球クラブってどこがいい?

県立高校の卓球強豪校を見てみると、本島中・南部に卓球の強豪校が集まっていることがわかります。

そこで、強豪校の選手たちが暮らす本島中・南部の卓球教室をピックアップしてみます。

67名の沖縄チャンピオンを誕生させた「与那原TTスポーツ少年団」

設立してすでに25年以上という与那原TTスポーツ少年団では、設立以降、なんと沖縄チャンピオンを67名も輩出している、地元では名門の卓球クラブ。

練習場所も、強豪校である南風原高校や知念高校からも近く、もしかしたら、こちらのクラブ出身だったという人もいるかも…。

さてこちらのクラブの魅力は、何といっても月謝が安いこと。基本的には、土曜日の練習なのですが、希望する場合は、月~金曜日まで毎日練習することができる強化部に参加することもできます。強化部に参加するとなると、最大週6日練習日となりますが、これでも、小学生なら8千円、中・高校生なら1万円。

たしかにこれなら、安心して長く卓球を続けられそうです。

与那原TTスポーツ少年団

  • 住所:沖縄県島尻郡与那原町字与那原65-1
  • 電話:098-945-5648

沖縄で最も古い卓球クラブ「卓水会」

那覇市にある宇栄原小学校の体育館で活動を続ける卓球クラブ「卓水会」は、創立50周年を迎える、沖縄で最も古い卓球クラブです。

なんと、過去には、那覇市の卓球普及振興に尽力したとして、「文部大臣賞」を受賞しています。そんな老舗の卓球クラブである卓水会では、入会金不要で気軽に参加できるという点が魅力の一つ。

活動時間は、毎週土曜日の夜2時間の活動なのですが、ラケットやシューズなどを持参すれば、利用料300円で練習に参加することが出来ます。まずは、卓球の楽しさを子どもに教えたいなら、おすすめのクラブです。

卓水会

  • 練習場所:沖縄県那覇市字小禄1066番地 宇栄原小抜港体育館

トッププレーヤー育成に実績あり「金武卓球道場」

南風原乗輝也に同情を構えている「金武卓球道場」は、平成18年に設立された卓球クラブです。

このクラブの特徴は、県内唯一、前日本卓球選手権大会マスターズの部40代シングルで8位の実績を持つ、金武健氏が指導にあたっている点です。そのため、金武卓球道場では小学校入学前の幼児の姿も多く見られます。

小さなころから卓球の基礎を学ぶことができる金武卓球道場では、小中学生のクラスに、オリンピックも狙える未来のチャンピオン候補が目白押し!本気で将来、卓球でオリンピックに出場したいと思うのなら、一度足を運んでみたい卓球クラブです。

金武卓球道場

  • 住所:沖縄県南風原町字照屋35-1
  • 電話:090-4355-5096

沖縄の卓球クラブチームも注目度がアップしている

沖縄県内でスポーツのクラブチームといえば、バスケットボールやサッカーだけかと思われがちですが、卓球だってクラブチームがあります。

沖縄の卓球クラブチーム・琉球アスティーダ

沖縄の卓球クラブチームである琉球アスティーダは、2013年4月に設立したまだ比較的若いチーム。2015年6月からは、日本リーグ男子2部に参戦し、徐々に実力をつけてきました。

2部リーグに参戦してから3年目となる2017年6月。琉球アスティーダは、「平成29年度前期日本卓球リーグ松江大会」にて、初優勝!

実はこの大会には、5月に入団発表を行った、リオデジャネイロ五輪の台湾代表で、福原愛選手の夫・江宏傑選手も参加していました。

琉球アスティーダには2017年から福原愛選手の夫・江宏傑選手が入団

まだまだ成長の幅が大きい琉球アスティーダですが、2017年春に、福原愛選手の夫・江宏傑選手が入団しました。

海外ツアーにも参戦している江選手の活躍によって、今後、一部リーグ昇格にも大きな期待が寄せられています。

また、福原愛選手と結婚生活を送っている江選手は、沖縄に対して、「沖縄は何度も訪れた」「台湾に近いことも(入団の)後押しとなった」とコメントしています。一部リーグに昇格すれば、沖縄でのホーム試合開催も実現できます。まずは、ここから注目してみるのもいいかもしれませんね!