自転車で那覇市内観光!おすすめスポットとモデルコース

那覇市内観光は、レンタカーよりもレンタサイクルの方がおすすめです。のんびりと沖縄時間を楽しめる上に、駐車場を探す面倒もなし!レンタサイクルおすすめスポットとモデルコースを合わせて紹介します!


自転車

レンタサイクルを利用するメリット・デメリット

那覇市内を観光するのなら、レンタカーよりもレンタサイクルの方が断然おすすめです。もちろんメリットはたくさんあるのですが、デメリットもあります。

レンタサイクルのメリット

宿泊施設によっては無料で貸し出ししてくれる

那覇市内のホテルは「駐車場が狭い」「敷地内に駐車場がない」「宿泊者でも駐車場利用の場合は有料」など、他のリゾートホテルよりも何かと制約があります。そのため宿泊施設によっては、宿泊客用に無料で自転車を貸し出すサービスを行っているところもあります。

駐車場を探す手間と料金をカットできる

那覇市内の観光スポットにも駐車場がありますが、「無料駐車場がある施設」よりも「有料駐車場しかない施設」の方が多いです。有料駐車場の場合も「1時間以内の利用は無料」というケースが多いのですが、時間を気にせずのんびりと見学したい時には時間指定がある駐車場は気になります。

さらに国際通りのように圧倒的に駐車場の数が少ない観光スポットでは、せっかく目的地についているのに駐車場探しで時間を取られてしまうこともよくあります。

その点、レンタサイクルはお得です。わざわざ駐輪場を利用しなくても、通行の邪魔にならない場所に停めておけば何も問題はありません。また車両通行禁止のエリアも、自転車に乗らずに手で押していれば全然問題ありません。これもレンタサイクルのメリットといえます。

レンタサイクルのデメリット

レンタサイクルを行っているお店がホテル周辺にない

那覇市内にはレンタサイクルを行っている店が数か所ありますが、いずれも宿泊施設が集まっているエリアから少し離れています。しかもレンタカーとは違い店舗で受け取り・返却が前提条件にあるため、わざわざ店まで移動しなければ借りることが出来ません。これはさすがにデメリットといえるでしょう。

暑さはしのげない

沖縄は日陰に入ると涼しいのですが、直射日光を浴びるとものすごく暑さを感じます。そのためレンタサイクルで回るコース選びを間違えると、1日中日差しの下で自転車を漕いでいることになります。

レンタカーの場合はガンガンにクーラーをかければすぐに汗も止まりますが、さすがに自転車に「クーラー完備」なんてことはありません。日よけ対策とコース選びを間違えると「レンタカーにしておけばよかった!」となります。

意外と坂道が多い

沖縄は目立つ高い山はほとんどないのですが、場所によっては急な坂道が多い場所があります。特に首里城周辺の観光スポットを回る場合は、坂との戦いの連続です。下り坂は良いのですが、下り坂がある以上必ず上り坂もあります。

さらに国際通りも、平たんではなく緩やかな坂道の連続です。そのため「思っている以上に坂が多い」と感じます。電動アシスト付きの自転車を選べば問題ないのですが、ママチャリよりもやや値段は高めです。だからといってママチャリを選ぶと、坂道でかなり苦労します。

レンタサイクルでの市内観光おすすめコース

国際通り周辺には、「公設市場」「やちむん通り」「てんぷす館」など沖縄の伝統文化や歴史を感じることが出来るスポットがたくさんあります。ところが一方通行や細い路地が入り組んでいるため、レンタカーではなかなか回れません。また徒歩ですべてを回るとかなり体力を消耗します。そんな国際通り周辺観光は、自転車を使ってこのようなルートで回るのがおすすめです。

【AM8:00】朝の国際通りを自転車で一往復

朝の国際通りは、日中のにぎわいが嘘のように静かです。バスレーン規制が片側車線で行われているため、車の交通量も少なめ。しかも日差しが気にならないため、爽やかな沖縄の朝の風景を楽しむことが出来ます。

👇
【AM9:00】ちょっと遅めの朝食

ホテルに戻って朝食をとりましょう。ほとんどのホテルでは9:30頃までがモーニングタイムとなっています。閉店30分前の朝食会場は非常に静かなので、のんびり朝食を楽しむことが出来ます。

👇
【AM10時】国際通り&路地めぐりで一点物の土産物をゲット!

国際通りの店は、午前10時になるとほぼオープンします。それより早く回っても、開店準備中だったり閉店していることもあるのであまりお勧めしません。

最も観光客が集中する時間がPM2~6時頃なのですが、この時間帯の沖縄は非常に暑く、散策するだけでもかなりの体力を消耗します。その代り午前中の沖縄は夏でも比較的過ごしやすいです。人込みを避けながら自転車を運転する必要もないので、散策するなら午前中がおすすめです。

👇
【PM1時】ちょっと遅めのランチタイム

国際通り周辺の飲食店は、11~13時までが最も混雑します。この時間はどこの店もかなり混雑しているので、あえて時間をずらしてPM1時ごろにランチタイムを設定しましょう。

👇
【PM2時】てんぷす館で伝統工芸体験

沖縄は午後2~4時が最も日差しが強く暑さが厳しい時間です。この時間は地元の人も外出をせず、涼しい場所で過ごします。せっかく2時間もあるのですから、国際通り沿いにあるてんぷす館の伝統工芸体験をして過ごしましょう。

ガラス工房や紅型工房など様々な体験が出来ますし、事前予約がなくても空きがあればそのまま体験することもできます。

👇
【PM4時】やちむん通りで昔ながらの沖縄の風景を堪能

やちむん通りにも細い路地がたくさんあります。実はこの路地こそ、昔ながらの沖縄の風景を楽しむことが出来る場所なのです。日陰も多く静かな通りを自転車で走っていると、沖縄の風や音を体全体で感じることが出来ます。

自転車で回る那覇市観光は本当の沖縄に出会える!

レンタカーは確かに便利な移動手段ですが、せっかく沖縄に来たのであれば沖縄時間をゆっくりと味わうのがおすすめです。目的地をあえて設定しなくても、気になる場所にふらりと立ち寄ることが出来るのも自転車観光ならではの魅力です。