地元人がおすすめする沖縄そばメニュー

沖縄人のソウルフードである沖縄そばには、様々なトッピングが楽しめるのが魅力。本土の観光客から見れば「えっ⁈」と思われるようなトッピングも、実際に食べてみると、意外とマッチしているのです。

沖縄そば

沖縄そば

沖縄そばは、小麦粉のみで作られるのが特徴で、「そば」とは言いますが、分類的には中華麺に分類されています。そのこともあって、お肉だけでなく、様々なトッピングと合わせても、違和感なく食べられるのが特徴です。

基本的に沖縄そばというと、トッピングには、島ネギ(万能ねぎ)、かまぼこ、紅ショウガがトッピングされています。素朴なトッピングですが、この3つがあれば立派な沖縄そば!シンプルながら、これだけでも十分美味しくいただけます。

沖縄そばそのものの味を楽しみたい場合は、まずは「沖縄そば」を頼んでみましょう。

ソーキそば

ソーキそばには、軟骨ソーキそばと本ソーキそばがあります。どちらも、豚のあばら肉を、長時間かけて柔らかくなるまで煮込み、甘めの醤油だれで味付けしているのが特徴。

軟骨部分に抵抗がない人は軟骨ソーキ、肉の旨味をじっくりと味わいたい人は本ソーキを選ぶのがおすすめです。

三枚肉そば

三枚肉とは、豚のバラ肉のこと。バラ肉の脂身と皮、肉の3つの層があることから、三枚肉と呼ばれています。

柔らかく煮込まれた豚バラ肉は、口の中に入れるととろけてしまうほど!しっかりと余分な脂が落とされているので、女性にも人気があります。

てびちそば

てびちとは、豚足のこと。沖縄では、テビチも、長時間かけてじっくりと煮込んでいくため、柔らかく食べることが出来るのが特徴です。

地元ではテビチ好きのことを「てびちじょーぐー」というのですが、そういったてびちじょーぐーから熱愛されているメニューが、てびちそばです。てびちにはコラーゲンがたっぷりなので、女性にもおすすめですよ。

てびちそばが有名のお店

県内各地にいるてびちじょーぐーから、絶大な人気があるのが、本島中部にある「浜屋」です。年季の入った店内には、開店と同時に、多くのてびちじょーぐーが次々と訪れ、名物のてびちそばに舌鼓を打つ姿が見られます。

  • オススメ店:浜屋
  • 住所:沖縄県中頭郡北谷町宮城2-99

中身そば

中身とは、いわゆる豚のホルモンのこと。この部位を使った汁メニューに「中身汁」があるのですが、これは沖縄ではお祝いの席でふるまわれるご馳走でもあります。

じっくりと時間をかけて灰汁をとり、柔らかくなるまで煮込んだ中身は、ぷりぷりの食感がたまらない一品。干しシイタケと切りこんにゃくとともに煮込まれた中身は、臭みもなく、身体によさそうな香りもおすすめです。

馬汁そば

いろいろな沖縄そばがあるとはいえ、なかなか珍しいのが、馬肉を使った馬汁そば。馬肉の臭みが気になるかと思いきや、じっくりと臭みが取れるまで煮込まれているので、ほとんど臭いは気になりません。

ちなみに、この珍しい馬汁そばをたべるなら、那覇市辻にある「あきそば」がおすすめ。店内には、馬汁そば以外にも、馬肉を使った料理を食べることが出来ます。

  • オススメ店:あきそば
  • 住所:那覇市辻1丁目11-5

ゆし豆腐そば

沖縄では豆腐を使ったメニューが多いのですが、中でも、昔から沖縄の食卓で定番となっているのが、ゆし豆腐です。

もともと沖縄の豆腐は、温かいまま食べるのが一般的で、おぼろ豆腐よりもしっかりとした食感と、濃厚な大豆の味が楽しめるゆし豆腐は、沖縄そばのトッピングとしても人気があります。

ゆし豆腐そばが有名なお店

元祖ゆし豆腐そばといえば、浦添市にある高江洲そばがあります。ランチタイムになると、地元のサラリーマンたちが、続々と店の中に吸い込まれていきます。

このお店のゆし豆腐そばのサイズには、大盛り・大・中の3つがあるのですが、どれを選んでも、驚くほどのボリューム!優しいゆし豆腐の味とともに、お腹も満足できるお店です。

  • オススメ店:高江洲そば
  • 住所:沖縄県浦添市伊祖3-36-2

宮古そば

宮古島発祥の宮古そばは、本島の沖縄そばとはちょっと違った特徴があります。

麺は、細い平麺で、あっさりとした出汁でいただくのが宮古そば。さらに、老舗の宮古そば屋では、トッピングの具材は、面の下に隠されているのも、宮古そばならではの特徴です。

  • オススメ店:古謝そば屋
  • 住所:沖縄県宮古島氏平良字下里1517-1

八重山そば

八重山諸島が発祥の沖縄そばを、八重山そばといいます。麺は、ストレートの細麺が主で、製麺所によっては、ウコンやクチナシを練り込んでうっすらと黄色く着色した麺にすることもあります。見た目はラーメンに使う中華めんのようにも見えますが、食感はまさに沖縄そば!

スープは、豚骨ベースが基本ですが、本土の沖縄そばと比べると、ほんのり甘みがあるのが特徴です。

ちなみに、沖縄そばでは紅しょうがをトッピングするのが一般的ですが、八重山そばでは、あまり使わないのが一般的です。

  • オススメ店:八重山そばの店 ジュネ
  • 住所:沖縄県那覇市前島3-9-21

沖縄そばの中でも特に変わったそば

豚骨とカツオをブレンドした出汁が一般的な沖縄そばの中にあって、地元人から見ても「えっ⁈」と思ってしまうものもあります。

バジルそば

本島南部にある八重瀬町にあるそば屋では、かつおだしの香りではなく、バジルやレモングラスの香りがする「バジルそば」があります。麺にもバジルが練り込まれているため、バジルそばの名は間違いなし!

ちなみに、バジルそばにはご飯がついていますが、バジルパスタを頼むとパンがついてきます。

  • オススメ店:茶茶るいゆう
  • 住所:沖縄県島尻郡八重瀬町仲座270番地

みそそば

コクのあるミソスープが特徴というみそそばは、沖縄市古謝にある「むかいや」で食べることが出来ます。見た目は、沖縄そばというよりは、むしろ味噌ラーメンのよう。たっぷりのもやしと煮豚がトッピングされています。

  • オススメ店:むかいや
  • 住所:沖縄県沖縄市古謝96番地