最新2018沖縄ビーチランキング!!

沖縄では3月中旬から4月にかけて各ビーチで海開きがスタートします。海開きでは海の安全祈願から始まり、エイサーや音楽ライブ、花火などさまざまなイベントが行われ楽しい時間が過ごせます。綺麗なビーチは沖縄の魅力のひとつ言えるほど、日本全国各地から沖縄の綺麗なビーチを求めて観光客が訪れます。今回はそんな沖縄県の観光客を魅了してやまないおすすめの綺麗なビーチランキングをご紹介します!

1位 古座間味ビーチ

古座間味ビーチ

那覇港からフェリーで行くことができる慶良間諸島のひとつ座間味島の「古座間味ビーチ」が1位です!ケラマブルーの名前で有名なこの海は上から眺めるだけでもその透明度と「海の色」のコントラストに驚くこと間違いありません。

上からだけではなく、下からの景色も最高なのでぜひシュノーケリングを楽しんで頂きたいと思います。浜からすぐシュノーケリングには打ってつけの水深で、浜から連なる岩場では水深1m程で魚を確認できるのでお子さん連れでも安心です。ご自身の安全はもちろん足元のサンゴに触れないためにも、ライフジャケットの着用は忘れないで下さいね。

パラソルが並ぶ浜辺はかなり観光地化されている雰囲気ですが、「熱帯魚の贅沢な水槽」と呼ばれるほど熱帯魚など海の生き物を近くに感じられるのでお子様が喜ぶビーチとなっています。海に入らずともパラソルやチェアもレンタルできるのでのんびり過ごせます。もちろんトイレ&シャワーも完備し誰でも快適に過ごせるのも嬉しいポイントとなっています。

2位 与那覇前浜ビーチ

与那覇前浜ビーチ

宮古島にある「与那原前浜ビーチ」が2位となりました!観光客に人気のビーチで宮古島の長い白浜と聞けばピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか?それがここ与那覇前浜ビーチです。地元では「マイパマ」と呼ばれることもある宮古島を代表するビーチでまぶしいほどの白い砂、大きな空と大きな海から宮古島の自然を感じることのできるビーチとなっています。あまりにも綺麗な景色から「東洋一美しいビーチ」との呼ばれています。

時間が経てば対面する来間島にかけて海の青色がどんどん濃くなっていく水のグラデーションがとても綺麗で言葉を失ってしまうほど。なんといってもマイパマ自慢は白いサラサラした砂浜で、天国がこんな雰囲気だったら良いな…と思うくらいのビーチです。毎年4月に行われる「宮古島トライアスロン」のスタート地点としても有名な場所となっています。

3位 ニシ浜ビーチ

ニシ浜ビーチ

日本最南端の有人島である波照間島の美しすぎるビーチ「ニシ浜ビーチ」が3位となりました!八重山諸島全体でもこのビーチの人気はトップクラスでニシ浜の「ニシ」は方言で「北」を示す言葉で、島の北側の海という意味です。その景色は海と空の境界線がわからないくらい綺麗な青に島全体が包まれます。

波照間島へは石垣島から高速船で約60分、飛行機で約30分フェリーで2時間で行くことができます。島内にあるレンタサイクルを利用して移動するのもおすすめ!島内には信号機が1つも無いのどかな島です!

日帰りで行かれるのも良いですが、せっかくなら宿泊して欲しいですね、何故かと言うとサンセットの景色も素晴らしいですが、夜になると星空が凄いのです。これまでの星空とは比べられないくらい綺麗な星空を楽しめるのをお約束します。ビーチも最高ですが、星空のおまけ付きだと個人的にはここ「ニシ浜ビーチ」が1番かもしれませんね。

今回は最新2018年沖縄ビーチランキングを紹介させて頂きました。これから夏本番の沖縄のどのビーチで楽しむ予定ですか?参考にして頂ければ嬉しく思います。