琉装体験レビュー

民謡ライブを見た時に、女性歌手の着ている琉装がとても綺麗でずっと気になっていました。手軽に琉装が体験できる「琉装スタジオ ちゅら美人」に娘と行ってきました。

ちゅら美人は3つのコースが用意されている

琉装を体験ちゅら美人

コースは3つあり、英語で説明も書いてあります。

ちゅらコース(1,620円)
紅型衣装を着て、髪を結ってもらい、店内で撮影します。
ちゅらぢゅらコース(2,160円)
紅型衣装を正式な着付けできます。お店の前での撮影が可能です。
ちゅら散歩コース(3,780円)
紅型衣装を着て、周辺を2時間散策できるコースです。

私たちは予約をしていなかったのですが、予約することをオススメします。ちゅらぢゅらコースにしようかと思いましたが、店員さんから、ちゅらコースを勧められたので、そちらでお願いすることにしました。

衣装選び

まずは、衣装選びです。子供サイズもありますので、好きな色、柄を選びます。娘は黄色を選んだので、私は赤にしました。光沢のある生地の方が、写真映えするそうです。男性用もありますし、浴衣や着物もありました。

足袋(ソックスタイプ)を履いて、草履を履きます。服は着たままでいいそうです。もちろん、着ている服にも寄るでしょうが、私はジーパンの裾をまくる程度でOKでした。

髪を結ってもらいます

牧志公設市場にも近いので、お客さんは観光客が多いと思います。観光客が多いからと言って、その場しのぎ的な琉装じゃないところが良いですね。せっかくの琉装なのに、「もどき」だったら悲しいですよね。

女性店員さんが、手際よく髪を結いあげてくれます。髪が短いなら、付け毛もありますよ。好きな髪飾りを選んで、口紅を塗ったら完成です。

着付けをお願いします

短い肌襦袢のようなものを着て、その上から紅型を着ます。帯を使わずに、細いひも(帯揚げみたいでした)で締めるのが特徴です。

これだと苦しくないので、外国からの観光客も着やすいですね。本当に店員さんの手際が良いので、あっという間に琉装姿になりました。

娘と同時に着付けしてもらっていたので、完成してから娘の姿を見ました。かわいい!(親バカ)

琉装を体験

私たちが着付けをしてもらっている時には、別のお客さんが撮影中でした。店員さんはなんと、英語と中国語を話しながら撮影しています。これなら、海外からの観光客も安心ですね。

私たちが帰る時は別の外国からの観光客が撮影中でした。”So nice!”と言うと、とても喜んでいましたよ。

琉装の撮影タイム

和傘、三線、花笠、扇子、ぬいぐるみなど小物もたくさんあります。たくさん写真を撮ってもらった後は、自分たちで写真を撮る、自撮りタイムです。1Fでも撮影が可能なので、背景を変えながら撮影を楽しみましょう。

琉装を体験

観光地へ行くと、ドレスが着られたり、着物が着られたり出来るお店もたくさんありますが、靴下や靴までは貸してもらえなくて、ちぐはぐな感じになってしまうこともあります。「ちゅら美人」は、足袋も草履も貸してもらえますし、髪も結ってもらえるので、リーズナブルなのに本格的です。

撮影が終わったら、琉装を脱いで、髪を戻してもらい、お会計をします。お土産に髪ゴムを頂きました。入店から退店まで1時間程で、手軽に良い体験が出来たと思いました。牧志公設市場に行かれた時は、是非立ち寄ってみてください。

ちゅら美人への行き方

琉装を体験ちゅら美人

国際通りから平和通りをまっすぐ進むと、左側にあります。花笠食堂の隣りで、牧志駅から10分くらいです。1Fが受付と撮影スペース、2Fが着付けと撮影スペースになっています。1Fにスタッフの方がいないときは、ベルを鳴らしてください。

  • 住所:那覇市牧志3-2-47
  • 営業時間:10:00~18:30
  • 定休日:なし