沖縄へ来る台風はどのえような影響を与える?

沖縄へは毎年多くの台風が直撃します。直撃する台風によって様々な影響を受けるのですが、どのような影響があるのか見て行きましょう。

海のレジャーは中止に

台風

台風で一番影響が大きいのは海です。台風が離れたところにあっても、うねりが生じ、波が高くなります。

台風が沖縄から離れた後も波が高い状態が続いているので、海況を見ながらのシュノーケルやダイビングのツアーの再開となり、ツアーを中止したり、ポイントを変更しているところが多いです。遠くから沖縄に遊びに来た方は「せっかく来たのに・・・」と思うかもしれませんが、一番大切なのは安全です。沖縄の海は逃げませんから、是非リベンジしに来てくださいね。

船の次に影響するのが飛行機

台風の進路によって、空の便は欠航や遅延が増えます。台風が接近すると飛行機を格納庫に入れないといけないので、機体のやりくりも大変そうです。飛行機の欠航に伴って、郵便や宅配便の配達が遅れることもあります。

バスやゆいレールへの影響

暴風警報が出なければモノレールやバスは状況を見ながら運行をしています。沖縄ではバスが運休となると殆どの学校や会社が休みとなります。

様々なイベントが中止に

沖縄のイベントは屋外が多いので台風が来るとなると殆どが中止となります。開催日のギリギリまで中止か開催かを迫られる運営会社はとても大変だと思われます。直前まで再開するかもしれないという事で多くの運営費用を掛けているはずですが、台風が直撃してしまっては水の泡です。

台風が来ないとどうなる?

台風が来ないと海水温が上がってしまい、サンゴが白化してしまいます。サンゴが減るとサンゴの周りにいる魚も減ってしまいます。

また、雨が降らないと農作物が育ちませんし、農作物を食い荒らすバッタなどの虫が大量発生してしまいます。

一番の問題は水不足になることです。大きな川がない沖縄は雨が降らないと水不足になります。特に離島は水不足になりやすく、台風が全く来ないのも困るのです。

台風の接近のため、フェリーが欠航してしまい、大東島は食料品などの物資が入庫せず、お店は品切れ状態になりました。離島は毎回、台風が接近すると物資が不足してしまいます。強すぎる風雨では、サトウキビが倒れてしまったりと農作物に大きな影響を与え、家屋が倒壊することもあります。一方で、全く雨が降らないと水不足になると言うジレンマがあります。適度な台風だけ来て欲しいと言うのが本音でしょうが、そううまくは行きませんね。

台風で一番影響したのは通販かもしれない!

わが家はお気に入りのお米を毎月関西から取り寄せています。お米は重いので船便で輸送されているのですが、台風が来るという事で鹿児島で止まってしまいました。仕方のないことですが、何日も貨物船が止まってしまうと荷物もどんどんたまってしまい、運送会社も混乱していることでしょう。

台風によって運送業者が停止状態になると届く予定日よりも1週間近く遅れる事もよくあります。